読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のバイエルン

Mia San Mia. 俺たちは俺たちだ。大好きなバイエルンについて熱く語ります。

ブンデスリーガ、ポカール優勝おめでとう

大変遅ればせながら優勝おめでとうございます。


Top 10 Moments - FC Bayern's Road to the 2016 Title

 

ポカールの方は最後、ドルトムントと延長PKまでもつれ、香川も蹴ってましたけど

かなり大変なギリギリの勝利でした。

 

でも勝ったので結果オーライでしょうか。

ペップが泣いていたのが印象的でした。

 

やっぱりバイエルンはそりゃ金満クラブとか罵られることも多々あるけれど

でもハインケスのときもそうだけど監督が去り際に涙を流すくらい家族のようないいチームなんだなと改めて思いました。

 

そして移籍市場ですが、噂通りフンメルスが帰ってきました。

よくわからないのはドルトムントファンが裏切りだというけれど

元はといえばフンメルスバイエルンの選手ですから、これはいわば一つの忠誠だと僕は考えています。

 

アンチェロッティになることでCLを狙えるのかなと期待しています。

個人的にはゲッツェが何故そこまでして、アンチェロッティルンメニゲに移籍を勧められながらも残るという選択肢を選んだのかを考えてみたいです。

レーヴは正しい判断だみたいなことを言ってるみたいですけど、どうなんでしょうか。

アンチェロッティとの電話がリークされたりと散々ですね。

 

また、先日ボアテングに対するドイツの政治家の人種差別発言があったようでして、

というのもEURO2016が近づいているからなのか、また、昔にもエジルとかであった気がしますが、ドイツ代表の多国籍化に対する反発なのでしょうか。

僕はボアテングを応援します。

 

今回はこんな感じでどうでしょう。